NHKが来た 家族割引料金を徴収された

NHKが来た

単身赴任が始まって1か月ほどしたときでした。日曜の夜、アパートでくつろいでいるとチャイムが鳴りました。

宗教か何かか?無視しようかと思いつつ、アパートは会社が借り上げているので、会社がらみの何か、例えば大家さんがなんらかの手続きで来たなどだったら困るなと思い、玄関を開けると、NHKの徴収員がいました。。。

料金払えの一点張り

料金を払えと言ってくるので、自分は「長期の出張」という扱いで単身赴任していること、地元ではちゃんと料金を払っていることを説明したのですが、その場合は「家族割引」で、通常の半額の料金を払う必要があるとのこと。

正直、忙しくて民放も含めてテレビは全く見ていないし、出張でホテルに泊まってもNHK料金は支払わなくてもよいのに、長期の出張で会社が借り上げているアパートに泊まったら、NHK料金を払わねばならないというのは納得がいかないと伝えたのですが、とにかく払わねばならないの一点張り

会社借り上げのアパートなので、あまりしつこく抵抗して会社に何らかの苦情が言ったりしたら困るなと思い、渋々料金の支払いに応じました。

支払い義務はなかった?

・・・それから月日がたち、地元へのUターンが叶い、アパートを引き払う日が来ました。NHKを解約しなきゃと思い、解約方法を調べていたところ、、、偶然下記の情報を見つけました。本当は支払い義務はなかったようです。

http://www.toranosuke.xyz/entry/2016-1028_nhk-leopalace

NHKの料金支払いの義務があるのは、「テレビを設置した人」で、マンスリーレオパレスなどのように、部屋にテレビがついている場合、テレビを設置した人はアパートの管理者なので、入居者は支払わなくてよい、という判決が出ているそうです。

無知ゆえに損しました。NHKの徴収員は、このようなことは全く言わず、支払い義務があるとしつこくいってきました。本当に腹が立ちます。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ