USBメモリからのマルウェア感染を防ぐ方法

USBメモリのマルウェア感染をチェックする

上司から「USBメモリがマルウェア感染しているかを、パソコンにUSBメモリを刺す前にチェックできないか」という無茶ぶり指示が来ました。できるわけねーだろと思いつつ、対応策を考えました。

USBメモリからのマルウェア感染を防ぐ

上司の話では、事情があって怪しげなUSBメモリ内の情報を確認する必要があり、どうしてもUSBメモリをパソコンに刺さねばならないので、できる限りの自衛策をとりたいとのこと。

要は、USBメモリからのマルウェア感染を防げればよいということですね。

USBメモリからどうやってマルウェアが感染するかを調べると、一般的にはWindowsの「USBメモリの自動再生機能」により、USBを刺した瞬間にウイルスが自動的に起動され、マルウェアに感染してしまうとのこと。なので、この自動再生機能をオフにすれば、とりあえずマルウェアの感染を防げそうです。

USBメモリの自動再生機能をオフにする

Windowsの設定から、「デバイス」を選択します。

自動再生の設定をオフにします。

これで、USBメモリを刺してもいきなりマルウェアが実行される事態を防げるはず。

ただし、すべてのマルウェアがこの対応で防げるとは限りません。あくまで何もしないよりはマシ程度にとらえ、アンチウイルスソフト等も用いて複合的にブロックする必要があります。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ