シャットダウン時にTOSHIBA Flash Cards がシャットダウンを妨げるのを解消する方法

TOSHIBA Flash Cards がシャットダウンを妨げる

Dynabook R734Mを使用しています。この機種はWindows8なのですが、Windows10にアップグレードすると、シャットダウン時に「TOSHIBA Flash Cards このアプリがシャットダウンを妨げています」と表示され、シャットダウンプロセスが中断されるようになりました。

「強制的にシャットダウン」ボタンを押せばよいのですが、毎回で面倒なので対処方法を調べました。

顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

サポートサイトの情報 R734Mは未対応、、

東芝のサポートサイトを検索すると、そのものズバリの情報がありました。

このサイトの説明によると、TOSHIBA Function Key というアプリケーションをアップデートすれば解消するようです。

Windows 10 Fall Creators Updateにアップデート後、シャットダウン時に「1つのアプリを閉じて、シャットダウンします・・・TOSHIBA Flash Cards・・・」画面が表示される

が、R734Mは対応機種に入っていませんでした、、、
サイトに記載された通りの手順では勧められなかったため、イチかバチか、TOSHIBA Function Keyを直接アップデートすることにします。

TOSHIBA Function Key アップデートプログラムを入手

TOSHIBA Function Keyのアップデートプログラムは、下記サイトから入手できました。

TOSHIBA Function Keyのアップデート

このサイトでも、R734Mは対象外ですが、、、

TCH0453600A.exe をダウンロードして実行すると、古いバージョンを削除して、新しいバージョンがインストールされます。

インストール後、PCの再起動を求められます。

シャットダウン異常が解消!

TOSHIBA Function Keyをアップデートすると、シャットダウンが正常に行われるようになりました。

しばらく使用してみましたが、その他の動作にも特に異常はなさそうなので、Dynabook R734Mに正式対応していないですが、この方法でよさそうです。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ