早起き対策 睡眠の質を上げる方法

早起きは苦手

私は朝が超苦手です。夜更かしは全然OK、徹夜での仕事も、さほど苦にならないのですが、朝は布団からでられません。

が、Uターン転職の結果、転職先の会社は自宅から遠く、早起きが必須となってしまいました。

そこで、早起きするために、睡眠の質を上げる方法を調べてみました。

睡眠の質を上げる5つの方法と絶対NG行為【医師のススメ】

睡眠の質を上げるには

この記事によると、睡眠の質を上げるには自律神経のバランスを整えることで、これは簡単な入眠の儀式を作ることで、コントロールできるそうです。

(1)3分だけでも髪をドライヤーで乾かす

髪がぬれたままだと、首元が冷えて交感神経が刺激されるので、眠りには良くありません。体を適度に温めると、よい睡眠が得られます。

(2)寝る前にコップ1杯の水を飲む

睡眠中は汗をかくことで体温が下がり、眠りが深くなるので、汗をかくための水分を、眠る前に補給するとよいです。

(3)寝室ではテレビを観ず、一度読んだ本に目を通す

スマホやパソコンの画面は刺激が強いので、ぼんやりと読める、一度読んだ本に目を通すのがよいです。

、、、が、これは現代社会では難しいですね。

(4)夜はコーヒーを飲まずに香りをかぐ

コーヒー以外でも、良い香りを嗅ぐと眠りによいです。

(5)気になることがあればメモ書きでアウトプット

気になることや心配事があって眠れないときは、内容を紙に書きだしましょう。頭の中から外に出すイメージでメモを取ると、リラックスできます。

出来る範囲で実践を

・・・仕事柄、3は難しいのですが、その他は実践してみようと思います。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ