資格取得は転職の役に立つか?

資格は転職に役立つ?

40代の転職に、資格取得することは有効か?について。

医者や弁護士のような、資格がないとできない仕事は別として、40代の転職では経験や実力が重視されるので、資格を持っていても意味がないといわれますが、私の場合は約に立ったようです。

面接での話題の一つになる

私は、これまでの仕事のなかで、仕事にプラスになるように、自主的にいくつかの資格をいくつか取得していたのですが、転職の面接で、これらの資格に関する質問がありました。

まず、学生時代に取得した資格についての質問。20年以上前の経験ですが、「学生時代に資格を取得している」ことが評価につながったようです。

次に、セキュリティに関する資格も取得していたのですが、こちらは内定をいただいた後の話で「今後セキュリティ対策にも力を入れていかねばならない」とのお話があったので、資格を取得していることが、多少なりともプラスに働いたと思われます。

その他、過去の仕事で会計知識が必要だったため、簿記の資格ももっており、異なる分野の知識を得ていることも評価になったようです。

ないよりはあったほうがよい

すべての転職先で資格を重視されるわけではないと思いますが、ないよりはあったほうが良いのは当然ですし、資格を取得するための努力を評価してくださる場合もあると思います。

なので、役に立つかどうかはともかく、転職を考えるなら、取れる資格は取得しておくべきです。

日ごろの努力が大事

しかし、資格は今日思いついて明日取れるようなものではありません。学習期間も必要ですし、試験が年1回しかないものもあります。

転職を考えておられる方は、計画的に資格取得を考えてください。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ