英語初心者の基礎学習 AはBです に引きずられない

直訳すると意味が通じない文

「AはBです」が「A=B」ではない文

日本語の文を英語にする場合、直訳すると意味が通じないことがあります。

「私は学生です」の場合、「私=学生」なので、be動詞でつなげば意味が通じます。

I am a student. 私は学生です。

しかし、注文を聞かれて「私はスパゲティです。」と答える場合は、直訳してbe動詞でつないでしまうと、「私=スパゲティ」になってしまいます。

英語では、「誰が(主語)、どうする(動詞)」をはっきりさせなければなりません。この場合は未来のことを聞かれているので、下記のように答えます。

I will have spaghetti. 私はスパゲティを注文します。

例文

「お父さんはどこに住んでいる?」に対し「京都です」と答える場合

My father lives in Kyoto. 父は京都に住んでいます。

「明日は何をする?」に対し「買い物です」と答える場合

I will go shopping tomorrow. 明日は買い物に行きます。

「ルーシーは何の野菜が好き?」に対し「トマトです」と答える場合

Lucy likes tomatoes. ルーシーはトマトが好きです。

「ルーシーは何を買いましたか?」に対し「トマトです」と答える場合

Lucy bought tomatoes. ルーシーはトマトを買いました。

「ルーシーは何を食べましたか?」に対し「トマトです」と答える場合

Lucy ate tomatoes yesterday. ルーシーは昨日トマトを食べました。
スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ