英語初心者の基礎学習 be動詞を変身・移動する

be動詞を使いこなす

A=Bの文

英語では、主語と動詞は必ずセットになります。

「私は生徒です。」という文を英語にする場合、「私」->I、「生徒」->a student。

私 = 生徒 で、このイコールを表す動詞がbe動詞です。

私は生徒です。 I am a student.

イコールを表すbe動詞

be動詞は、主語によって変化します。

  単数 複数
自分 I am We are
あなた You are You are
それ以外

He is

She is

It is

They are

疑問文

疑問文は、be動詞を文の先頭に移動します。

You are hungry. あなたはおなかが空いています。
Are you hungry? あなたはおなかが空いていますか?

一般動詞の場合、疑問文を作るにはdoを先頭に移動させるが、be動詞の場合は自分自身が文の先頭に移動します。

否定文

否定文は、be動詞の後ろにnotをつけます。

You are hungry. あなたはおなかが空いています。
You are not hungry. あなたはおなかが空いていません。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ