中途入社 新しい環境になじめるかの不安

中途入社は不安がいっぱい

中途入社にはいろいろな不安がありますが、最も大きいのは新しい職場になじめるかでしょう。経験者として採用されているわけで、必ず結果を出さねばならないプレッシャーもかかります。

中途採用者は、どのような立ち振る舞いをすべきでしょうか。

初心に帰るしかない

どんなに経験があっても、前の会社で肩書がつくような立場であったとしても、新しい職場では一番の新参者。下っ端です。

新しい職場には、その職場ごとのルールがあり、仕事の進め方があり、人間関係があります。
新入社員のころを思い出し、謙虚に仕事を覚えねばなりません。

相手が年下であっても

40代での転職となると、職場の大半が「年下の先輩」という状況もあり得ます。実際、今の私がそうです。

たとえ相手が今年の新入社員であったとしても、この会社での業務経験は私より上で、教わらねばならないこともたくさんあります。当然、先輩として接さねばなりません。

小さくなってはいけない

謙虚に、とはいっても小さくなってはダメです。
新しい環境で、学ばねばならないことはたくさんあります。どんどん質問し、積極的に自分から仕事を探す気持ちが大切です。

過去の経験は必ず生きてくる

新しい仕事では、過去の経験はすぐに役立たない場合も多いですが、地道に耐えて頑張っていれば、過去の経験は必ず生きてきます。

その時にたどり着くまで、ひたすら地道に努力する姿勢が必要です。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ