プラモデル Gジェネレーション SDウイングガンダム

Gジェネレーション SDウイングガンダム

初対面の人に会ったとき、雑談のなかで「趣味は?」と聞かれたりしますが、特にこれといった趣味もなく、答えに困るので、子供のころに好きだったプラモデル作りを、30年ぶりに再開してみました。

手始めに、簡単そうなSDガンダムシリーズの、ウイングガンダムを作ってみました。

斜め前から

筆塗りで全塗装してみました。遠目にみると、まあまあいい感じに見えますね。

正面から

目の部分は付属のホイルシールを貼りました。

後ろから

ウイングの黄色部分は、青いプラスチックだったのですが、青色が透けて見えますね。
きれいに見せるには、「下地処理」というものが必要だったようです。奥が深いです。

正面アップ

顔や胸の墨入れがはみ出しまくってます。ガンダムマーカーの角入れペンで塗りましたが、筆塗で使用した水性塗料と相性が悪いのか、うまく色がつかず、グリグリ塗っていると汚くなってしまいました。

中心の緑色の丸は、一番の難関と思ってましたが、はみ出さずに塗れました。

飛行形態

このサイズでも飛行形態に変形できます。

シールド

白の縁取りは、マスキングして塗装しましたが、テープがうまくはれていなかったのか、所に塗装が染みてはみ出しまくりでした。
マスキングも修業が必要なようです。

墨入れの線も、アップで見るとびびりまくりです。

ビームライフル装備

武器はビームライフルとビームサーベルが付属しています。

ビームサーベルは、クリアレッドで塗装しましたが、クリアパーツじゃないので普通の赤になってしまいました。

全武装

すべての付属品を装備してみました。

シールドは手にもてなかったので、飛行形態への変形時に背中につけるしかないです。

総評

パーツ数が少ないので、組み立ては簡単でしたが、パーツが小さくて塗装が大変でした。
色の塗りわけは、時間をかけてマスキングしたんですがきれいにならず、フリーハンドで塗ったほうが早くてきれいだったような。

なかなかのひどい出来ですが、作っていて楽しかったです。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ