英語初心者の基礎学習 音程をコントロールする

発音の上げ下げ

発音の上げ下げで文章の意味が変わる

通常の文は語尾を下げる

We want to eat steak. 私たちはステーキが食べたいです。

上記の文は、「ステーキが食べたい」ことを伝える普通の文なので、語尾を下げて発音します。
語尾を上げて発音すると、相手に「私たちはステーキが食べたいですか?」と質問しているような、変な意味になってしまいます。

Yes/Noで答えられる疑問文は語尾を上げる

Do you have chocolate? チョコレートを持っていますか?

上記のような、Yes/Noで答えられるような疑問文は、語尾を上げて発音します。

wh疑問文は語尾を下げる

Where do you buy chocolate? チョコレートをどこで買いましたか?

上記のようなwh疑問文の場合は、語尾を下げて発音します。

選択肢が2つ以上の疑問文

Is that John or Bob? あれはジョンですか?ボブですか?
Is that John,Bob or Mike?

あれはジョンですか?ボブですか?それともマイクですか?

上記のような、選択肢が2つ以上の疑問文は、最後の選択肢は語尾を下げ、その他は語尾を上げて発音します。

同じ文章でも語尾の上げ下げで意味が変わる

“I’m sorry.”は、
語尾を下げて発音した場合、「ごめんなさい」と謝る意味になりますが、
語尾を上げて発音した場合、「もう一度言ってもらえませんか?」という質問の意味になります。

“Excuse me.” も、”I’m sorry.”と同様です。

“right”は、語尾を下げると「その通り」、語尾を上げると「そうだよね?」の意味になります。

“really.”は、語尾を下げると「へぇ、そうですか」という相槌になりますが、語尾を上げると「本当に?」という驚いたニュアンスになります。

発音のポイント

①子音と母音

日本語は、「ん」以外は母音(あいうえお)で終わります。
しかし、英語は子音で終わる単語が多いです。

下記の例のように、最後の発音に母音を入れないように注意してください。
• start 「スター」 の最後の「お」は発音しない。「トッ」と発音するイメージ。
• map 「マッ」の最後の「う」は発音しない。「プッ」と発音するイメージ。
• book 「ブッ」の最後の「う」は発音しない。「クッ」っと発音するイメージ。

②音のかたまりの数

日本語と英語では、同じ単語でも音のかたまりの数が異なります。
英語での音のかたまりのを意識して発音してください。
• 日本語の「バスケットボール」は、「バ/ス/ケ/ッ/ト/ボ/ー/ル」で8つの音の固まり。
• 英語の「basketball」は、「bas/ket/ball」3つの音のかたまり。

③音の強弱

日本人の英語学習者は、平板な発音をしてしまうので、音のかたまりを意識して強弱をしっかりつけてください。
• basketball → bas ket ball
• spaghetti → spa ghet ti
• hamburger → hum burg er

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ