40代のUターン転職実録 腹を括って、応募できる会社に一気に履歴書送付!

がんがん申し込む

不採用通知を受け、落ち込みましたが、いつまでもうつむいてはいられないので、次の応募先を検討することに。

ハローワークの求人で、希望の職種では残り3社。この中から、給与は一番低いものの、自宅からは近く、休日数も多い会社を選び、書類を送りました。

Uターン支援センターに状況報告

Uターン支援センターの担当者様には、1社不採用になったこと、次へ応募したことをメールで報告すると「応募可能なところはどんどん応募すべき」との返信でした。

私は器用な性格ではなく、1つずつ物事を片付けていきたいほうであることと、たとえ不採用になっても、その経験を次に活かせるよう、1社ずつ受けようと思っていたのですが、ここはアドバイスに従い、残りの2社も一気に応募しました。

職務経歴書は、同じものを送るのではなく、3社の求人内容に合わせ、アピールするポイントを変えて送りました。

この3社がダメだったらどうしよう、そんな不安に押しつぶされそうでしたが、とにかく動かなくては始まらない、そんな気持ちで応募しました。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ