40代のUターン転職実録 内定受諾 会社訪問し入社の調整

内定を受諾

さんざん悩みましたが、メールでの金額交渉の結果、一定の成果が得られたこと、この内定を蹴ると後がないことから、内定を受諾することに決めました。

メールで、内定を受諾すること、直接お話を伺いたいことをつたえ、日程調整。

後日、内定先の会社に出向き、面接してくださった部長さん、人事担当者の方にお会いし、ご挨拶とお礼をし、内定を受諾する旨伝えました。

労働契約書・就業規則を確認

先方からは、労働契約書等の説明はありましたが、簡単な内容だったため、こちらから就業規則を見せていただけるようお願いしました。

正直、見てもよくわからないというか、現在勤務している会社の規則さえよく知らないのですが、ざっと見ておかしなことは書かれていないように思いました。(素人判断)

社長さんも少し顔を出してくださりました。面接時と同様の好々爺ぶり。

会社の印象は良い

会社の印象としては、社長や幹部の方たちも、お話させていただいた限りでは、皆さん良い方たちだと感じました。給与は、地方の給与水準から見ても低めなものの、社員をこき使って利益を上げようとするような、悪意のある会社ではなさそうです。

給与的に、生活していけるか不安はありつつも、人間関係等でうつになったりしたら元も子もないので、長く働ける職場であれば、良いのではないか、と思えました。

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ


広告 レスポンシブ 自動サイズ

フォローする

スポンサーリンク


広告 レスポンシブ 自動サイズ